アクセスランキング アクセスランキング
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

パチスロ 養分・勝ち組の極み

養分スロッターが勝ち組の極みを目指すブログ。

 

スポンサードリンク


完全確率論と波理論編 

今回もまた、対立しそうな話ですけどこれもあくまで僕の考えです!

完全確率はそうじゃねぇ!
波理論はそういうのじゃねぇ!
とかいうのは置いといてくださいヽ(;▽;)ノ

あくまで僕の考えです(゚Д゚)y─┛~~


さて


完全確率
過去の抽選に影響されずに、一回一回が独立した抽選
すべての台は完全確率の元作られているという理論。

波理論
パチンコパチスロの当たりの偏り、海の波にたとえ、
波は低いのが来ればそのあとに高いのが来るという理論。


僕はどっちも派です!


少し実験してみました。
皆様好きな方も多いのではないでしょうか、Aタイプの名機 アイムジャグラー


smile.jpg


まず、完全確率から考えてみましょう。

下記の表をご覧くだされ。

jag03.jpg

アイムジャグラーEX
設定1 BIG 1/287 BAR 1/455
設定2 BIG 1/283 BAR 1/443
設定3 BIG 1/283 BAR 1/349
設定4 BIG 1/273 BAR 1/321
設定5 BIG 1/273 BAR 1/269
設定6 BIG 1/269 BAR 1/269

さて、4つの異なるデータだけど
設定予測できますか?
考えてみてくださいな(。・ ω<)ゞ
2010-03-14-29.jpg


割とこういう感じのデータあるよね、あるよね!
実験用に簡単なプログラムを作ってシミュレーションしてみました。

では答え合わせしてみましょう(^O^)
正解率はどうでしょうか!

その前に、一番上からデータ1、2、3、4として
データ3と4の詳細も載せます。

データ3
jag01.jpg


データ4
jag02.jpg


答え

データ1  設定5
データ2  設定5
データ3  設定5
データ4  設定5

でした!

これが設定判別の難しさですかね・・


全部正解だったらすごいw
さて、このデータなんなのよ。ということでまずこれはですね

ジャグラーを1台、設定5据え置きで一日8000ゲーム回し、それを30日間稼働したと仮定したデータです!
その中の4つを抜粋したもの。

しかしながら、所詮はめちゃくちゃ簡単なプログラムで作った適当な内容のものなので
信頼度は微妙ですが、ここでしたかったのは何かというと
完全確率でこうなるという証明なのです。

プログラムのボーナス内容は、下記のように設定。
BIG 122/32767 BAR 120/32767
0~32766の数字の1つを引くと考え
0~122を引いたらBIG
123~244を引いたらBAR
と仮定。
分母を合わせる際の小数点は切り捨て、多少誤差ありです。


完全確率で抽選した結果
噂のジャグ連、見事に出てますよね!


これがの正体だと思うんですよ。

つまり波とは、確率における範囲内での誤差
ではないでしょうか?

なので設定5でもずっと据えおけば、6以上になる日もあるし1以下になる日もある。
これは設定1をずっと据え置いた場合も同様でした。

結局は、波も確率の上で発生するものなので
オカルトといってしまえばそれまでだけど、
ハマった後にとは限定しないが上り調子になる波は確かにある。
ということが証明できたのではないでしょうかね。

というのが僕の完全確率論と波理論の考えでした。
どっちも派だというのは、どっちも正論なんじゃないかと思っているからです。


ただ、パチンコは
前回の記事でも書いたとおり、ホルコン理論も結構信じちゃってるので
基本的にはボーダを元に完全確率から起こる波を考えた立ち回りに加えて
出てる島で打つ、などしてます。

ホルコン理論編http://pachi-kiwami.com/blog-entry-33.html
正直パチンコはまだ勝てる立ち回り見えてませんので試行錯誤中ですヽ(;▽;)ノ

波、これはスロットでの立ち回りでも
養分MAX時代は上記のような事も考えていたのですが
現在では、それでは勝てないと思っていますので考えてません。

Aタイプですら設定判別は困難、AT機なんてもっと難しいでしょう。
低設定でも爆発します、高設定でもハマります。
設定狙いの難易度は半端じゃないですね!

次からはまたスロットの立ち回り考察へ戻ります(^O^)


メイドさんが好きな人は押してねヾ(*´∀`*)ノ
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

Category: 勝ち組への道

tb 0 : cm 0   

ホルコン理論編 

ホルコン理論編

だなんて偉そうにいっちゃってるけど
あくまでこれも僕の考察です、合ってるだとか間違ってるという話ではないので
そういう考えもあるんだなー程度にみてくださいねヽ(;▽;)ノ

ある日を境に、スロットをしばらく離れて
パチンコメイン稼働になった時期があります。

この時も大体、端台でてるからーとか
ちょっと回りいいかもー、とか
ここ数日出てないし、そろそろ出そうな波!?

だとかそんな感じの事を考えながら稼働してました。

で、ホルコン理論というものがある事を知り、そういった事も調べるようになりました。

今回はそのホルコン理論をメインに書こうと思います!


正式名称ホールコンピューター
こいつ、何するのよ?って事だけど。
まずパチンコ店にはこのホールコンピュータが導入されていて
島管理でパチンコ台の出玉管理をしている。

ただ売上の管理などをしているだけで出玉とかの情報を管理している、というのが店側の言い分。
偉いさん(店長以上)にならないとこういった情報の真偽も確かめようがないですが

ユーザー側では出玉の情報だとかではなく、出す出さないをコントロール出来る仕組みじゃないの。
というお話で本当か嘘かは別にしてこういった説もあるという事です。


見せてもらおうか!ホールコンピュータの性能とやらを!


まずホルコンは、島管理で島ごとに売上の設定が出来る。
そしてその島の中にもグループ別けが3種類程存在しているのだとか。

1島1~50の台番のパチンコ台があるとして(4・9末番は無し)

1.並び構成
hol.jpg

2.ケツ番構成
hol2.jpg

3.ケツ番のコンビ構成
hol3.jpg

上記図のように、1島の台数が少ないホールでは、並び構成もケツ番構成も出来ない場合があります。
そのような場合は、
ケツ番0とケツ番5で5台、ケツ番1とケツ番7で6台、
ケツ番2とケツ番8で6台、ケツ番3とケツ番6で5台
といった構成になり、これをケツ番のコンビ構成という。



そして売上が多めに設定された島が大当たりの多い島になるわけ!
売上が少なめに設定されてる島は、あまり出ない島というわけだね!

なので大当たりの多い島は売上が多く設定されているので出やすい傾向にある。

つまり大当たりが多い島で尚且つ、出ているグループの把握をすれば
どの台が好調かわかるね!

というのがホルコン理論ですね!

よくある、隣が出たら自分も当たったとかいうのは
並び構成のグループだったから、なのかもしれませぬ。


ちなみに、よくありませんか?
こういうこと。
隣と自分が同じような激アツリーチがきた!

大当たり信号ってのがありまして、そいつを受信した時に隣辺にも激アツリーチだけ
誘発するという仕組みがあるとかないとか!

同じようなリーチで隣あたって、自分外れたパターンは、
隣の大当たり信号に誘発されて激アツリーチだけ来たって事なのですね!


そして、結構な方経験してるんじゃないかと思うんですよ。
隣と自分が同じような激アツリーチがきた!
そして両方当たったパターン!
これ、おそらく
ケツ番グループで2グループ共好調 もしくは 並び構成
で、両方当たりました。な感じですよね。

ここで思うのは、実はこういう経験
僕は2度、3度どころじゃないです。
結構あります!
MAX機 1/399 のような台が両隣で同時に当たる確率
これ天文学的な数字なりませんかね?
そんなことが頻繁に起こるものですかね?

出したい日に出す。
出したくない日は出さない。
自分が経営者なら、釘のみの調節で営業なんていうギャンブルみたいなこと
できないと思うんですよ。
なので、売上とか決めてコンピュータで管理

実は僕はこの説、今でも7割は信じてますw

ちなみに、当時は店の癖、つまりは出る島を探すというホルコン理論よりの動きと
波・確率論を元に打ってました。
勝率は、結局負けが多かったんじゃないでしょうか?
ボーダー理論、結構優先度低かったのです。
割とこれは致命的だったのではと思います(´・_・`)


そして、僕の今のパチンコ立ち回りは
ホルコン理論と波・確率理論と両方考えながら、
主にボーダー理論を優先して立ち回ってますw

ですので、どれも否定する気はないですし
それぞれ考えて立ち回るといいのではないでしょうか?



ポチお願いします(*゚▽゚*)
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

Category: 立ち回り考察

tb 0 : cm 0   

■ お勧め記事一覧 ■